All posts filed under: rolleiflex maintenance

Rolleiflex storage setting. (Shutter speed dial / aperture dial)

ローライフレックスを防湿庫に保管するときシャッタースピードダイヤルと絞りダイヤルの位置はどこが適切か? Rolleiflex愛用されている方はご存知だと思いますが、このカメラは完全な機械式です。繊細な部品も多数使用されていてスプリングも多数使われています。ロイカメラさんにオーバーホールを出すと必ずこの位置(掲載写真)で戻ってきます。以前お話しする機会があったので保管について聞いて見ました。「機械式カメラというのは、使わない時は部品に負荷をかけないようにすることで長く正確に撮影できるんです」と教えていただきました。シャッタースピードも早ければスプリングが伸ばされた状態だと考えられますし、絞りダイヤルは開いていれば重なり合った羽の間にグリスが固着しやすくなってしまう可能性があります。この写真は1966年頃製造されたRolleiflex ⒉8C Planarですが、保管するときのダイヤルはこの位置と決めています この時代のカメラはメンテナンスが必須ですが故障をさせない使い方をしていくのも必要です。私の愛用する⒉8Cの場合はシャッタースピードを500にするとシャッタ幕に不具合が出たことが数回ありました。ロイカメラサービスさんで点検修理をした時のお話だと「⒉8Cはシャッタースピード500はできるだけ使わない方が良い」と言われました。2017年現在で⒉8Cの部品に欠品があり完全修理は不可能だそうです(⒉8Fは修理可能) 日本では⒉8C以前のモデルを修理する場合、同機種を多数所有して部品を使い回す方法しか修理再生できない状況になってきました。 ローライフレックス愛用家の皆さん、コンディション良く長く使えるように大切に保管しましょう♪

Leave a comment

Original strap.

Rolleiflexで撮られた写真を投稿してるので検索にヒットするのが多いのは「ローライフレックス」というキーワード。Rolleiflex2.8C Planar も調べている人が多いので興味があるカメラということでしょうか? Planarの2.8Cはなかなか見つからないし「レンズもキレイで」となると宝探しという難しさに間違いないです! Acruのオリジナルストラップの話し Rolleiflexを首からかけて撮影してる人が多いと思います。それで正解だと思います!上にフードを空けて… 上から覗いて… いつも通り何回みてもそこに写っている世界に感動して… 静かにシャッターを押し込むその一連動作に首からのストラップは全く邪魔にならないと思うんだけど… 撮らないで歩いてるときは重いっ!どーしても左手で持ち上げてしまうんですよね。そんな理由からAcruに作ってもらったオリジナルストラップがこれです。フードが空かなきゃ意味がないので長さは慎重に決めました^^; カニ爪とストラップを繋ぐ金具がボディーに当たってキズが付かないように同じ革素材で保護してもらってます。カッコいい仕上がりになりました。ROLLEIFLEX 2.8C と刻印を入れてもらったりオリジナル感がとても気にいってます。 愛着って大切♪ 皆さんもぜひっ! 過去のオリジナルストラップの話しはこちら https://rolleirollei.com/2014/12/16/rolleiflex-original-strap/ Acru website http://acru.jp/ ローライフレックス、ハッセルブラッド用のカメラストラップのカスタムオーダー http://acru-shop.net/html/page5.html

4 comments

Rolleinar 1.

こちらの接眼レンズはオークションで600円という安さで落札したRolleinar 1です これまではRolleinar 3を使用して撮影してきましたがパララックス(視差)がどうしても出てしまいます。それとピントが合わせにくいので悩んでいました。 そんなに近いものを撮ることは滅多に無いんですけどね^^; これは本物なのかぁ? これで何を撮るかはナイショです♪ Rolleinarについて詳しく説明されてる女性のフォトグラファーがいます 興味がある方はClikしてみてください camera, photo, and days / フォトグラファー みゆさん Rolleinar(ローライナー) のお話し http://www.camera-photo-days.blogspot.jp/2015/08/rolleinar.html

1 comment
Rolleiflex 2.8C screen Install 1.

Rolleiflex 2.8c スクリーン取付け詳細

前回のブログに書いたMaxwellスクリーン取付け方に少しわからない事があり、ロイカメラサービスさんに頂いた取付け詳細の手紙を見ながら話しを聞いてみました。 前回ブログ Maxwellスクリーン取付け 詳しくはこちら→Maxwell screen installation is complete. 1.Rolleiflex 2.8C オリジナルスリガラス(スクリーン)とMaxwellスクリーンとでは厚さが0.25mm違います。 これはどういう事かというとMaxwellスクリーンHI-LUX BRILLIANT MATTEの方が0.25mm厚いということです。 Rolleiflexのピント面はスクリーンの下面(曇っている面)で合わせます。ピント調整をオリジナルスリガラスで合わせてある場合、Maxwellスクリーンに付け替えた時には0.25mm下にさがってしまうという事になります。ピント位置がズレてしまうのです。そこでロイカメラサービスさんはフォーカシングフード(スクリーンを取付けるフード)ごと0.25mm持ち上げました。フォーカシングフードを持ち上げるには、ビス穴のところに0.25mm厚のワッシャーを固定しました。この処置でピント位置がオリジナルスリガラスと同じ高さになります。 (いつでもオリジナルスクリーンに戻せることを考えての処置です) 0.25mmの違いがピントにどの程度影響するのでしょう? これからピント合わせをするときに0.25mmが頭に浮かびそうです^^; Rolleiflex 2.8FにMaxwell screenを取付ける方へ! Rolleiflex 2.8Fの場合はスクリーン交換をしてもフォーカシングフードの構造上、スクリーン下面(曇っている面)の位置は変わらないのでピント調整に狂いはでません。 フォーカシングフードを固定する4本のビス穴にワッシャーを固定 2.Rolleiflex 2.8C用のMaxwellスクリーンは縦サイズが1.5mm短く作られています。 取付けには問題ありませんが、スクリーンを固定するのは細長い弓の型をした部品だけです。フォーカシングフードの開閉や持ち方でスクリーンの縦ズレがあるかもしれません。ロイカメラサービスさんの処置はスクリーン取付け部の上下隙間に薄いフエルト状の物を貼って縦ズレを防止してもらいました。写真ではほとんど見えない狭く薄い物ですが、これがスペーサーとなりスクリーンを押さえています。 1.5mmを上下ですから0.75mmづつの隙間処置です。ロイカメラさんの仕事には頭が下がります m(__)m フォーカシングフードを逆さにした状態(曇っている面)

Leave a comment

Maxwell screen installation is complete.

Maxwell スクリーンを取付けた!! アメリカ/ジョージア州のMaxwell氏に注文依頼をしてから40日。 やっとRolleiflexにスクリーンが取付け完了。 Maxwellスクリーンの取付けはロイ・カメラサービスさんに依頼。 昨年オーバーホールをしてもらったばかりなので気持ち良く引受けてもらえた。 Rolleiflex 2.8CのオリジナルスクリーンはスリガラスでありMaxwellスクリーンとは素材も厚みも違う。取付け後のピントの狂いが心配だったので相談をしてみた。 ロイカメラサービスさんからの取付け詳細を紹介 1.スクリーンの大きさに違いがある Maxwellスクリーンとオリジナルスリガラス(スクリーン)の縦寸法に違いが1.5mm短い為、取付け後に縦ズレが出ます。 フォーカシングフード内部のスクリーン取付部前後にスペーサーを入れてスクリーンの縦ズレを防止。 2.スクリーンの厚さに違いがある Maxwellスクリーンとオリジナルスリガラス(スクリーン)の厚さが0.25mm違う為、ピントに狂いが出ます。 本体とMaxwellスクリーンの間に0.25mm程のスペーサーを入れてピント及びパララックスのズレ防止。 (オリジナルスリガラスに戻す時には全てのスペーサーを外してスクリーン交換をすればピント調整を必要としない) 前回のブログにMaxwellスクリーンの写真が掲載。 詳しくはこちら→HI-LUX BRILLIANT MATTE SCREEN ROLLEIFLEX 2.8C TYPE AND 2.8F TYPE. Rolleiflex 2.8Cのスクリーンサイズは56mm×64mm(製造年によっては56mm×63mm)なのだが2.8C用のMaxwellスクリーンは1.5mm小さいらしい。 スクリーンの厚さも0.25mmの違いがあり、ピントに影響が出るので調整が必要だが、Maxwell→オリジナルに戻す時にピント調整をしなくても良い方法として本体とスクリーンの間にスペーサーを入れて「高さ調整」をした…ということらしい。 Rolleiflexを所有している方ならE・F以前のモデルでもスクリーン交換できる人も多いと思います。しかし、このような詳細を理解してからスクリーン交換をすることはなかなか難しいことだと知りました。Rolleiflexの修理や相談はとても信頼のできる「ロイ・カメラサービスさん」がオススメです! スクリーン交換をしてどう変わったか? とても見やすいです!2.8Cの方は明るさの違いに驚きます。室内室外問わずピントが掴みやすくなると思います。2.8Fの方は交換前のスクリーンも素晴らしかったので比較としては好みが分かれると思います。スプリットの有無と明るさの違い、それと透明度など好みのオプションをオーダー制作依頼できれば最高のフォーカシングスクリーンを取付けることができます。250ドルと高価ですが後悔はしないスクリーンだと思います。 (2.8Fのスクリーン交換は自分で出来ます。スクリーンにキズを付けたくない方法は二人で取付けることをオススメします。スクリーンを押さえる細長い弓の型をした部品でスクリーンを固定しています。スクリーン上部に当たる部分を先の細いピンセットで掴んでいてもらいましょう!その状態のままMaxwellスクリーンを斜め上から差し込むようにすればスクリーンにキズをつけることなく取付けできます) 取付けたスクリーンの比較が出来ればと写真を撮ってみましたがとても難しいです^^; Rolleiflexのフォーカシングスクリーンを上から撮るのは難易度が高くて大変でした。 暗室から外を見るような状況がないと比べようがないぐらいです。 違いが伝われば良いかな~ぐらいの比較ですが載せておきます。 Install the Maxwell screen to Rolleiflex 2.8C. […]

2 comments

HI-LUX Brilliant Matte screen Rolleiflex 2.8C type and 2.8F type.

どちらもMaxwell screen HI-LUX Brilliant Matte. シンプルなRolleiflexスクリーン。 スプリットやグリッドライン(方眼線)などのオプションが無いスクリーンです。 購入依頼をメールで伝えるとMaxwell Precision Opticsからスクリーンの説明が書かれたメールが届きます。 必要なオプションをメールで伝えれば欲しいスクリーンを制作してくれます。 詳しくはこちら→HI-LUX BRILLIANT MATTE. Rolleiflex 2.8C MAXWELL SCREEN. Screen type / HI-LUX Brilliant Matte. Rolleiflex 2.8Cのスクリーンサイズは56mm×64mm (製造年によっては56mm×63mm). Maxwellからはこのサイズが2.8C用として制作されました。 Rolleiflex 2.8F MAXWELL SCREEN. Screen type / HI-LUX Brilliant Matte. Rolleiflex 2.8Fのスクリーンサイズは64mm×69mm. 2.8Fのスクリーン交換は自分で出来ます。 2.8Cのスクリーン交換は専門知識がないと難しいです。 スクリーンの厚みの関係でピントに狂いがでるかもしれません。 スクリーン取付けの際はピントを確認(調整)することをオススメします♪ 届いたMaxwellスクリーンはとても美しい仕上がりです。 […]

2 comments

MAXWELL SCREEN

Rolleiflexスクリーン /  MAXWELLスクリーンが届きました!! 注文から1ヶ月に渡りMaxwell Precision OpticsとのMailやり取りを投稿してきました。 アメリカ/ジョージア州から直接購入するしか方法がないMaxwellスクリーン。 購入したい方の参考になればと記録を残しておきます。 日本国内でも多くの方が購入されているMaxwellスクリーン!! 到着まで少し時間は要しますが必ず届く…..と思います♪ 1. 54ドル支払いのEMS国際郵便です。 (税付2900円とは知らなかったので配送料金だけで9000円はかかりました ><“) 2. スクリーンはしっかりと保護されていて箱に入っています 3. 左がRolleiflex 2.8C スクリーン / 右がRolleiflex 2.8F スクリーン 4. スクリーンはこのように保護。2.8C用は取付け説明と保護シートが付属します。 5. Rolleiflex 2.8C用のスクリーン 6. Rolleiflex 2.8F用のスクリーン スクリーンの写真は次回の投稿になります♪ 1/7に購入依頼 → 2/7にスクリーン到着でした。 購入時期にもよりますがスクリーンが届くまで1ヶ月は必要かもしれません^^;   MAXWELL スクリーンが届くまで(すべて日本時間) 1/7 メール送信    Maxwell Pyecision Opticsへ購入依頼 1/8 Maxwellより着信 […]

2 comments

This week and next week.

前回の投稿から10日が過ぎた。Maxwell screenはまだ届かない。 [(A) Express Mail (insured, can be tracked to your door, takes up to one week for delivery) for $52.00.] オーダーメールの配送方法に「出荷日」は記載されていない。勝手に1週間と勘違いしていた ^^; 出荷から配達されるまでに1週間ということらしい。これは1月30日の話しなので、1月23日の “Your screens will ship this week.”と着信から7日だから不安になる。 そこでPaypalに相談してみることに。 今までの経緯をすべてMail転送し状況を把握してもらってPaypalからMaxwell Precision Opticsへメールで確認してもらいました。 それが1月30日正午、30日の19時にはMaxwellから連絡が… “You screen are being shipped today and should arrived in japan […]

3 comments

HI-LUX Brilliant Matte

Maxwell screen HI-LUX Brilliant Matte オーダーしたのはHI-LUX Brilliant Matte Maxwell Precision Opticsへ1/7日にOrder Mailを送信して8日にはMaxwell Precision Opticsから返事が届いた。とても早い対応だと思う。 Mailの内容はこんな感じで… !!! These texts is a sample. >> More than half of my business is international. Read below for descriptions of screens, current prices, payment and shipping options. My HI-LUX screens […]

3 comments