All posts tagged: kudu

kudu革 handbag miniの紹介

前のブログでも紹介したkudu革を使用したハンドバッグの話です。小さいサイズも可愛いンじゃない♪ そんな提案から製作してみました。 ” このハンドバッグには「 303. 」というネームが付いてます。ブランドとまではなりませんが「革製作を始めましたきっかけはこの形のハンドバッグを作りたい!」でした。「 303. 」は僕にとってとても大切な思入れのあるナンバーです。今後は良質な革作品に「 303. 」が付きます。” ↓ 左が元のサイズで右が小さめなサイズです! ↓ もう少し近寄ってみましょう kudu革のお話しを少しだけしたいと思います。呼び方がクードゥーだったりクーズーだったりします。 アフリカに広く生息するウシ科の動物で野生にしか生息していないそうです。 イギリスのリーズにある1904年創業の老舗タンナー『チャールズ・F・ステッド社』が製造する両面使いができる吟付きスエード革です。 吟面は非常に野性味溢れる表情で、傷が非常にたくさん刻まれているのが特徴です。この傷は野生動物の証であり「もの作りのアクセント」にもなります。 床面は非常に滑らかな心地の良いスエードで「世界のスエード」とも呼ばれています。 スエードとは、革の床面をサンドペーパーでベルベット状に起毛させた革のことですが、このクードゥーのそれはキメが細かく上品な起毛が特徴で個性的な吟面と効果的に使い分けられています。 ↓ 丸みのあるシルエットで数字の3を横にしたイメージです。全て手縫いで約1mmの糸を使用してます。この糸はブラジルで作られているそうで「ブラジル LINHASITA ワックスコード」という名前です。縫い目もアクセントになるような配色を選んでます。 ↓ サイドの丸みに拘りました。kudu革を使うと思った通りのイメージに仕上がります。もっちりとした質感が触っても最高です。 ↓ 303. の刻印は必ず入ってます。シリアルナンバーも入ります。このバッグは#088ですね。 ↓ 今回はkudu革の吟面をハンドバッグの表面にしてあります。先ほどの説明にもあるように「野生動物の生きた証である傷」を生かしました。全てオリジナルなので、傷も含めて世界にひとつしかないバッグです。中は「世界のスエード」と呼ばれる最高級の手触りなスエード面になります!「なんて贅沢な♪」 触ってるだけで幸せな気分になります。 ↓ スエード面が表のバッグと吟面が表のバッグです。どちらもオリジナルの完成品です。とても持ちやすくてシルエットも思った通りに出来上がりました。 表面がスエードのHandbag 303.mini (Gray/kudu.suede)087はminneで販売中です! https://minne.com/items/30474446

Leave a comment

2点目のkudu革ハンドバッグを製作開始

次回はブラックとか言ってましたがchocolate(チョコ)に変更です。このkudu革、ダメージっぽい銀面で価格もそんなにしません。 なんかカッコいいです!作り方忘れないうちに2点目を製作開始。 オリジナルの革製品を製作するのは楽しい♪ ↓ こないだ作ったグレーとは違いますね。オイルが多いような気がします。 ↓ 型紙で準備開始 ↓ このkudu革(chocolate)弾力があります。 弾力がすごくてキズもすぐ入ります。仕上げのひっくり返しはできるのか? 結果はまた後ほど、、、。 翌日、製作の続きを、、。 ↓ 持ち手を手縫いします。革が厚いのに芯に10mmロープを入れてます。手縫いも結構力が必要! 糸はEscola Nordeste’s(エスコーラ・ノルデスチ)さんが販売しているものです。ブラジルで作られているそうです。 とても使いやすく色も豊富! 質感も気に入ってます。お店のオーナーもとても親切。 メルカリやminneなどで購入できますよ。 Escola Nordeste’s GALLERYminneのお店 Girassol◡̈*プロフ確認下さい♫ メルカリのお店 ↓ 縫い終わったら端を切り落とします。フリーハンドで切るので毎回ドキドキ。 次回は明日か? ン〜。 そして翌日、、、。持ち手を完成させます。フリーハンドで切ったところのコバ処理をします。コバ磨きにすごく拘りのある職人さん多いですよね。僕はそんなにキレイじゃない方が好きなので「自分が満足したら終わり」です。 ↓ 上が磨いた状態で下が切ったまま。カバンを持ったときにザラザラしない! なんだか持ちやすい♪を目指して仕上げます。 スリッカーは平の面があるタイプが使いやすくてスキです。 ↓ TALONジッパー #8を取り付けました。スライダーヘッドがカッコイイ! 裏の刻印もイイ! 念願のTALON #8ですから丁寧に扱いました。ン? 少し左右の幅が ^^; ↓ いよいよ各パーツをつなげていきます。まずはジッパーとサイドをつなげてリベットを打ちます。明日からはいよいよカバンになっていきます。 2日後、、、 ↓ 革漉きが大事! 革が違えば厚さも変わります。 もう少し薄くしておけば良かったかもしれない。この辺がまだまだ未熟者。う〜。 ↓ […]

1 comment

kudu革のハンドバッグを製作 303.

「kudu革を購入した」を最近に投稿しましたが出来上がりにとても満足しちゃったので自慢しようかと思います♪ このハンドバッグ名は 303. となります。「こんなカバンが作りたい、、、」からカバン作りを始めて半年が過ぎました。独学でやっと完成したので「いちばん大切にしている番号」をバッグ名としました。記念日だったり車のナンバーだったりするンですけどね。;) 製作の最初のテーマが「丸いラインをイメージ」だったのでいくつものパターンを試作してこうなりました。製作前にバッグの絵を描きますが「数字の3を左に倒したイメージ」がこの形になりました。 どことなく可愛い印象になりましたね!さすが世界のスエード! kudu革の表情は素敵です♪持ち手とかすごく気持ち良いです。 ↓ ダブルジッパーも快適! こんなに便利なのかっ!とただただ満足。 ↓ 外見はそんなに大きくないのに中は結構入ります。カバンの中のあの黒いポーチも世界のスエードです! 預金通帳入れを作ってみた ↓ サイドポケットを付けてみました。kudu革は厚みがあるので縫い付けた後にモタつくかと思ったけど大丈夫でしたね。鍵をカバンの中で毎回探す人は便利かも♪ 入れやすくて勝手に出ていかない作りです。いちばんのお気に入りは底の丸みがなんとも良い仕上がり♪ いつかは販売します!価格は高いですけどね。^^;

Leave a comment