rolleirollei online shop OPEN ♪”

古物商を取得してみました! オンラインショップをしてみようかな、、、と準備中です。 ここのブログではBOSE パワーアンプの投稿を読まれてる方が多いみたいで嬉しいです :) 3、4年前からBOSE1701をメンテナンスして販売してますので興味のある方は覗いてみてください m(__)m♪” 過去にヤフオクやメルカリで出品をしてます。 ” BOSE1701 “で検索してもらえれば過去の出品が見つかると思います。 BOSE101MMやMMGで鳴らせば「なかなかやるじゃん!」と嬉しくなりますよ。 https://rolleirollei.shop/ 古物商許可証 神奈川県公安委員会 第452590008613号   BOSE1701や1705は80年代から90年代販売開始です。 MIYAKO AUDIOという会社が製造しています。後の日本マランツの設計製造事業所が作った素晴らしいアンプです♪  BOSEと言っても日本製なのです。 (1705IIはMCJという製造会社?になりました) 1701が発売された1983年頃は101MMスピーカーで鳴らすための「101MM専用アンプ」として設計されたようです。101MMスピーカーの特性である中高域の素晴らしい音を最大限に表現するのと同時に「101MMスピーカーではいまひとつ持ち上がらない低音域」をアンプ内蔵のコンデンサでイコライジング調整されています。その結果「伸びのある低音」を鳴らします。1701は101MM以外のスピーカーを対象にしていないと思います。スピーカーセレクターもSTEREOとMONOしかありませんので101MM専用アンプの位置付けですね。 ★’’1701は暖かみのあるレトロな感じで中高域の音抜けが良く低音が伸びてきてとても気持ち良いサウンドです 自宅や店舗でBOSE101MMをお持ちの方や再生機としてiPhoneやiPodを使用する方も多いようです。BOSE1701や1705の素晴らしい音を体感してみてはいかがでしょう♪

刻印をオーダー

チャームとか作ろうかな、、、とオリジナルの刻印をオーダーしてみました オーダーしたのは26engrave(ニーロク エングレイブ)というネットショップです。 26engravehttps://26engrave.com/ とても親切!版下をイラストレーター保存して問い合わせより添付して送信!即返信が届いて「数回の修正」で版下が完成しました。イメージ通りの出来上がりで嬉しいです♪ >>HPからご紹介26engraveのこだわり >>26engraveでは真鍮製の刻印を切削で製作することを得意としております。エッジのするどさ、細かい図柄の再現性、他の加工方法では難しい刻印を微細加工で再現いたします。(サンプル画像でご確認ください)製作に携わる者は放電加工機、マシニング、NCフライス、ワイヤー加工機、研磨機と長年微細加工に携わったベテラン作業者が製作いたします。 今回のオーダーは横30mmと小さな刻印ですがハッキリ!クッキリ!刻印できます。 ↓ 製作期間は1週間完成した刻印がチャームとして入ってるところが嬉しいですね :)太いのは「打ち棒」ですね。ゴム製のハンマーで叩いて刻印します。ネジ山が付いた棒は焼印をする時に使用するものです。刻印の背面に取り付けて「はんだコテに差し込む」ことができます。 ↓ 26engraveさんHPの刻印の仕方の説明にあるように水分を含ませます。『オイル処理されていないヌメ革に少し水分を含ませたあと刻印できます』 使用している革は栃木ヌメ革のタンニン鞣しです(厚め)水分をよく吸うので刻印がキレイに仕上がります ↓ 裏側も水分を含ませてみる ^^; ↓ 打刻機を購入しました。最初は万力で押して(挟んで)みました「力が均等に伝わらない」「真下に力が伝わらない」ただ下手なだけ >.<“打刻機は全てを解消できました。あとは「押し込む力加減」を習得するだけです。 まずは刻印の位置を決めます ↓ 真ん中にセットします ↓ 右のレバーを手前におろしギュ〜っと。 ↓ rolleirolleiとは寫眞の音で愛用しているカメラ「Rolleiflex 2.8CとRolleiflex 2.8F」からつけたネーム。刻印のローライフレックスは手書きです。 26engraveさんは手書きでもなんでも「刻印にしたい」を相談できます。サイズもいろいろ選べますので興味のある方は連絡してみてください。 26engrave

Leave a comment

ステレオミニプラグ3.5mmからRCAプラグ変換ケーブルを自作

BELDEN88760がイイ!という記事を読む。 「試してみたいっ!」、、、というわけで作ってみました。 アンフェノールの3.5mmステレオミニプラグがイイ!と書いてあったのでコレもササッと購入。 RCAプラグだけは悩みました。BELDEN88760ケーブルは4.0mmと細いので6mm穴のシンプルで色が気に入ったプラグを購入。 使用機材の詳細は以下の通り再生機はiPhone3Gs / iPhone4s(Apple 純正Dockを使用)BOSE1701+101MMG / BOSE1701+101MMパワーアンプを直列につなげて4スピーカー出力 ※パワーアンプは全てメンテナンス完了品rolleirollei -online shop- STORES販売https://rolleirollei.shop/ 今までの音と違いはあるのでしょうか、、、 結果から伝えます!違います♪ オっ♪ッとなりました。 これは余談になりますが「試作品をプレゼントしたら試聴レポートを聞けるかな、、、」 と思いましてBOSE1701を購入していただいた4人の方に事前連絡なしで発送してみました! 購入取引の時にオーディオ環境を知らせてもらえてたので安心発送です。 みなさんの感想はとても嬉しい内容でした♪ ケーブルにもエージングが必要!そんな記事も読みましたが取り替えた途端に音が変換しました! これにはビックリです♪ 音域には好みのバランスがありますから全ての人が「イイ!」となるかは?ですが、、、 音の抜けが良くなります!私を含め3人の方が中音域から高音域が明らかにキレイになる! 音がまっすぐに向かってくる! ボーカル音が近くなった! こんな音鳴ってたの?と気付く! などの印象を持ちましたから「これが抜けが良くなる」ってことですね♪ 試聴をお願いした皆さんは私のメンテナンス品をパワーアンプとして使用してますから条件は同じです。 再生機器も3.5mmステレオミニプラグを使用できるiPhoneやiPod / ハイレゾ機器などです。再生機器に音源を読み込む設定だけは注意が必要ですが「音の違い」に関しては「いつもと違う!」を体感できたようです。 BELDEN88760 オススメです 販売する?ン〜、、、たぶんする。 こうなるとパワーアンプを直列につなげた時のRCA→RCAプラグケーブルも、、、となります。 すでにお二人から製作依頼が!(! . !) 23cmですね。ハイ。 RCA→RCAケーブルの試作品を作って聴いてみましたが、これまたビックリです!「ケーブルって大事」と再確認しました次回の投稿はコレにしようかな。 作り方は簡単です!ケーブルとプラグは探せば見つかりますからね。ハンダには拘った方が良いかも♪です。 仕上げたたら通電確認もしましょう。 製作手順な以下の通りです。 ↓ Apple 純正 […]

Leave a comment

アメリカンスイッチに交換

世界中が新型コロナウイルス感染症で大騒ぎな毎日。 我が家も半日働いてみたり、、、 休業してみたり、、、 休日はどこにも行けずこもりきり。 退屈な毎日の中、、、 「照明スイッチを交換したい!」 突然思いつきました!!! アメリカンスイッチは前々から気になっていたので調べてみると、、、 色々な種類とメーカーがあるんですね〜 欲しい物を探してる時が一番幸せなのかもしれません。 まずはイメージ作りから♪ 玄関ドアを開けて必ず点灯する二つのスイッチパネルを探します。 気に入ったお店はココ! R.C.company ↓ スイッチプレートが豊富でどれにしようか悩める楽しさがあります。 ↓ スイッチはEATON社製品がONとOFFのスイッチングが気持ちイイと聞いてたので迷わずコレです。 GREYのスイッチを選んでみました! 後で知るのですが、このスイッチはカチッ!カチッ!がとても気持ちイイです。 ライトアーモンドの片切りスイッチも優しい色で大正解でした。 アメリカンスイッチの構造はとてもシンプルですが、 照明スイッチ取替は電気工事士の資格が必要です! 電気のことが理解できないと危険ですので資格のある人に取り付けてもらいましょう。 ↓少しだけスイッチのことを説明しておきます。 「3路スイッチ」とはひとつの照明を二ヶ所でON/OFFすることができるスイッチのことです。 「片切りスイッチ」とは一ヶ所でON/OFFするスイッチです。 ↑ 3路スイッチはビスがひとつ多いです。 ↓ 玄関のスイッチ交換をしていきます。 20年近く使用したスイッチの裏側です。 上が片切りスイッチ、下が3路スイッチとなります。 ↓ アメリカンスイッチをそれぞれ取り付けていきます。 絶縁テープでしっかり保護も忘れずに! ↑ 廊下奥にも3路スイッチに取り替えてあります ↓ 壁穴を広げます。 広げてしまったら元には戻せませんので決心してから作業開始です! ↑ スイッチプレートより小さく穴を開けること! 失敗したら取り返しができません。 ↓ アメリカンスイッチの取り付け位置が大切です! スイッチプレートのビス穴とスイッチ側のビス穴を正確に合わせます。 ↓ OIL BURNERと書かれてますが気にしないっ! ^^; スチール製のREDのプレートにGREYのスイッチがオリジナル感あって良いです♪ ↓ 廊下の奥にも3路スイッチです。REDとGREYを組み合わせてます。 ↓ ここまでくると浴室も!となります。 スイッチの色はライトアーモンド! おもちゃみたいで楽しいスイッチになりました。 ライトアーモンドはスイッチに枠があるのでカワイイ印象ですね。 […]

Leave a comment

BOSE101MM/MMG シリアルナンバープレートの違い

BOSE101 MM / MMG の問い合わせが数件あるので画像だけでも紹介します 101シリーズには日本正規輸入品や並行輸入品など様々な型式が存在してるようです 世界各国で発売されてるので、同じBOSE101シリーズでも日本発売品がどれなのか?だったりします 詳しい方もたくさんいると思いますが、質問もいただきましたので購入時の参考になればと思います 背面のBOSEのロゴが白塗装されてるのと黒いままのが存在します この塗装有無も何か関係があるのでしょうか? 下の画像は101MMGです 背面左下のシリアルナンバープレートで判断できます 鳥みたいなマーク(キャラクター?)があれば正規輸入品と聞いてます 確かにこのプレートを見つけるのは難しく特別感もありますね (発売当時はこのプレートは当たり前だったような気もしますが) 下のプレートはオークションやフリマでも多数見かけます やはり並行輸入品なのでしょうか? 個人的には使用頻度の多いスピーカーであれば、どの型式でもとても良い音で迫力十分な印象です (101MMと101MMGは確かに音質が違います!) もっとシンプルなシリアルナンバープレートも存在します ン?と思いますが、所有しているこの101MMはかなり良い音です♪   101MMWも同様にシリアルナンバープレートで確認できます この2台ではどちらが良い音?って聞かれてら所有してる中では上の鳥マーク入りです 毎日聞いてる(長時間)スピーカーの方が音出力は良好なのでしょう♪ スピーカーコーンにも製造年による違いがあるようです コーンの色を見ても濃いブラウン、グリーンっぽい、茶封筒のような色もあったりします 機会があればスピーカーコーンの紹介もしたいと思います    

Leave a comment

1705IIの電源スイッチ交換手順

まず最初に写真の5箇所のビスを外します 上蓋の2箇所のビスを外します 裏蓋の5箇所のビスを外します 内部の写真です 3箇所のビスを外します (電源コードの長さも確認してください。余裕があるようならそのまま電源スイッチだけ交換します) ★”コードに余裕がなければ写真14へ! BOSEロゴのパネルが持ち上げられます ボリュームスライダーのつまみごと取り外します 電源スイッチの赤いボタンを引き抜きます ※まっすぐ手前に引き抜いてください! 左右に揺さぶると中の芯が折れてしまい再利用できなくなります 4箇所のビスを外します マスキングテープを貼って起きましょう! 高い確率で傷をつけます これで交換作業ができるようになりました 電源スイッチのパーツをひっくり返します ※なんとか工夫して固定します はんだギリギリの部分をニッパーでカットします (できるだけコードを残す) 同じくギリギリのところでカットします 電源スイッチを交換したら内部の電源コードが短くなってしまう場合 「背面のRCA差し込みパネルが傾いてしまいます」 その場合は電源コード固定部分を15mmほどずらして調整が必要です 背面パネルを基盤から離します 赤い矢印の部分を挟んで力を加えると「差し込み穴に余裕ができる」ので 向こう側に押し出します 最初に矢印側を少し押し出すと外れやすいです ※背面パネルを曲げないように! 抜けました マイナスドライバーを差して浮かせます 15mmほど上にずらして固定します 矢印の部分をしっかり押し込みます ※必ず矢印の部分を!外側にラジオペンチ当てると完成後傷だらけの状態が目につきます 電源スイッチへの配線方法 黒いコードが下の画像(純正品の位置)のように接続されている場合もあります 上下どちらでも大丈夫なのですが仕上げの収まりからすると「赤いボタン側に黒コード」を繋げた方が良いと思います。(1701や1705は全て赤いボタン側です) 元に戻していきます まず最初にスピーカーコードの差し込みを取り付けます ※基盤につながる配線を引っ張りすぎないように! RCAジャックの基盤は持ち上げないでください 『背面パネルを元の位置に戻してから』ビスで固定します ボリュームスライダーをビス4本で固定 電源スイッチの赤いボタンを差し込みます 矢印のようにまっすぐです! […]

Leave a comment