All posts filed under: rolleiflex

湘南蚤の市

久しぶりに写真を撮りました。ローライフレックスが重く感じて撮影から離れていたのを実感。 この写真は毎月第3火曜日に行われる湘南蚤の市からの一枚。 アンティークな品々と初夏を彩る花がたくさん販売されていました。私のRolleiflex 2.8Cも50年前の名機ですから目を引くようで数人のおばさまから声をかけられました (^^; 私たちのお目当はトリフォリウム・バニーズという花。ふさふさした花穂が多数つく品種で世界中に咲いているらしいんだけど、欲しい種類がなかなか見つかりません。どうやら春に購入できるらしい…。勉強不足です (>.<” 湘南蚤の市で可愛い花々を販売していた Jardin de Violettes(ジョルダン ドゥ ヴィオレ)さん 蚤の市ではスカビオサ オクロレウカとかリトルミッシーなどなどいくつか買いました。 見たことのない涼しげな草花も多くて楽しい一日でした。気になる方はHPでチェックしてみてください。 Jardin de Violettes ← Clik 湘南蚤の市 ← Clik ROLLEIFLEX 2.8C Planar. ILFORD fp4 plus 125.

3 comments

WordPressプレミアムプラン CSS変更方法

WordPress CSS変更 WordPress プレミアムプランになるとプログテーマ(Thema)CSSを変更できるようになります WebでCSSの変更方法を検索しても「理解している人が見れば出来るようになる?」ような記事ばかりで、もう少し初心者向けの説明は無いのかと悩んでいました。プレミアム版を使用しているのであればブログの見せ方を好みの表示にしてみると楽しいです プレミアムプランだと有料ブログテーマを無料で使用できるのですね! 最新アッデート後にThemaの選択を見たら、昔は金額表示だったテーマが購入済みと表示されていて気付きました。もともとプレミアムの目的がテーマ変更では無かったのですが、知らないって損だなと思いました 使用ブログテーマのタイトルサイズを変更したいとか、マウスを重ねた時のカラーを変えたいなど簡単にできそうです。少し解ってくると投稿画像サイズやブログレイアウトも把握できますので参考までにお伝えします インターネットを見るブラウザが何かでブログテーマのCSS表示無料版ソフトが変わってきます 私はFirefoxをメインに使っています。Firefoxには表示されているページのhtmlとCSSを確認できる無料ソフトFirebugというのがあります。調べてみると評判が良く使いやすいのでオススメです。WordPress上で変更してませんので表示されているのは仮想状態ですから安心。好みの表示に出来たら「その場所のCSSをコピー」して「WordPress上で貼り付けて保存」すれば部分的な表示変更が可能になります Firefox Mac インストール手順はこちら Firefox Add-ons Firebugインストールはこちら では、詳しく見ていきましょう (解っている人には、こんな簡単なこと!と言うかもしれませんが、これがなかなか理解できないのは私だけでしょうか? ^ ^;) 1. Firefoxを開きFirebugをインストールするとブラウザ画面右上に虫のアイコンが表示されます 変更を試してみたいページを開いてFirebugのアイコンをクリックしましょう   2. Firebugが表示された状態です   3. 変更したいところのCSSを表示してみましょう(解説はブログタイトルの色変更) 1.Pick an erement from the pageをクリック → 2.ブログタイトルをクリック (今回はh1サイトタイトル)   4. htmlではh1のサイトタイトルが青で表示、CSS側でサイトタイトルのカラー変更が見つけられます 直接入力できますがカラーピッカーも便利です   5. h1サイトタイトルのカラーが変更できました   6. […]

2 comments

Original strap.

Rolleiflexで撮られた写真を投稿してるので検索にヒットするのが多いのは「ローライフレックス」というキーワード。Rolleiflex2.8C Planar も調べている人が多いので興味があるカメラということでしょうか? Planarの2.8Cはなかなか見つからないし「レンズもキレイで」となると宝探しという難しさに間違いないです! Acruのオリジナルストラップの話し Rolleiflexを首からかけて撮影してる人が多いと思います。それで正解だと思います!上にフードを空けて… 上から覗いて… いつも通り何回みてもそこに写っている世界に感動して… 静かにシャッターを押し込むその一連動作に首からのストラップは全く邪魔にならないと思うんだけど… 撮らないで歩いてるときは重いっ!どーしても左手で持ち上げてしまうんですよね。そんな理由からAcruに作ってもらったオリジナルストラップがこれです。フードが空かなきゃ意味がないので長さは慎重に決めました^^; カニ爪とストラップを繋ぐ金具がボディーに当たってキズが付かないように同じ革素材で保護してもらってます。カッコいい仕上がりになりました。ROLLEIFLEX 2.8C と刻印を入れてもらったりオリジナル感がとても気にいってます。 愛着って大切♪ 皆さんもぜひっ! 過去のオリジナルストラップの話しはこちら https://rolleirollei.com/2014/12/16/rolleiflex-original-strap/ Acru website http://acru.jp/ ローライフレックス、ハッセルブラッド用のカメラストラップのカスタムオーダー http://acru-shop.net/html/page5.html

4 comments
Rolleiflex 2.8C screen Install 1.

Rolleiflex 2.8c スクリーン取付け詳細

前回のブログに書いたMaxwellスクリーン取付け方に少しわからない事があり、ロイカメラサービスさんに頂いた取付け詳細の手紙を見ながら話しを聞いてみました。 前回ブログ Maxwellスクリーン取付け 詳しくはこちら→Maxwell screen installation is complete. 1.Rolleiflex 2.8C オリジナルスリガラス(スクリーン)とMaxwellスクリーンとでは厚さが0.25mm違います。 これはどういう事かというとMaxwellスクリーンHI-LUX BRILLIANT MATTEの方が0.25mm厚いということです。 Rolleiflexのピント面はスクリーンの下面(曇っている面)で合わせます。ピント調整をオリジナルスリガラスで合わせてある場合、Maxwellスクリーンに付け替えた時には0.25mm下にさがってしまうという事になります。ピント位置がズレてしまうのです。そこでロイカメラサービスさんはフォーカシングフード(スクリーンを取付けるフード)ごと0.25mm持ち上げました。フォーカシングフードを持ち上げるには、ビス穴のところに0.25mm厚のワッシャーを固定しました。この処置でピント位置がオリジナルスリガラスと同じ高さになります。 (いつでもオリジナルスクリーンに戻せることを考えての処置です) 0.25mmの違いがピントにどの程度影響するのでしょう? これからピント合わせをするときに0.25mmが頭に浮かびそうです^^; Rolleiflex 2.8FにMaxwell screenを取付ける方へ! Rolleiflex 2.8Fの場合はスクリーン交換をしてもフォーカシングフードの構造上、スクリーン下面(曇っている面)の位置は変わらないのでピント調整に狂いはでません。 フォーカシングフードを固定する4本のビス穴にワッシャーを固定 2.Rolleiflex 2.8C用のMaxwellスクリーンは縦サイズが1.5mm短く作られています。 取付けには問題ありませんが、スクリーンを固定するのは細長い弓の型をした部品だけです。フォーカシングフードの開閉や持ち方でスクリーンの縦ズレがあるかもしれません。ロイカメラサービスさんの処置はスクリーン取付け部の上下隙間に薄いフエルト状の物を貼って縦ズレを防止してもらいました。写真ではほとんど見えない狭く薄い物ですが、これがスペーサーとなりスクリーンを押さえています。 1.5mmを上下ですから0.75mmづつの隙間処置です。ロイカメラさんの仕事には頭が下がります m(__)m フォーカシングフードを逆さにした状態(曇っている面)

Leave a comment