All posts filed under: handmadework

アメリカンスイッチに交換

世界中が新型コロナウイルス感染症で大騒ぎな毎日。 我が家も半日働いてみたり、、、 休業してみたり、、、 休日はどこにも行けずこもりきり。 退屈な毎日の中、、、 「照明スイッチを交換したい!」 突然思いつきました!!! アメリカンスイッチは前々から気になっていたので調べてみると、、、 色々な種類とメーカーがあるんですね〜 欲しい物を探してる時が一番幸せなのかもしれません。 まずはイメージ作りから♪ 玄関ドアを開けて必ず点灯する二つのスイッチパネルを探します。 気に入ったお店はココ! R.C.company ↓ スイッチプレートが豊富でどれにしようか悩める楽しさがあります。 ↓ スイッチはEATON社製品がONとOFFのスイッチングが気持ちイイと聞いてたので迷わずコレです。 GREYのスイッチを選んでみました! 後で知るのですが、このスイッチはカチッ!カチッ!がとても気持ちイイです。 ライトアーモンドの片切りスイッチも優しい色で大正解でした。 アメリカンスイッチの構造はとてもシンプルですが、 照明スイッチ取替は電気工事士の資格が必要です! 電気のことが理解できないと危険ですので資格のある人に取り付けてもらいましょう。 ↓少しだけスイッチのことを説明しておきます。 「3路スイッチ」とはひとつの照明を二ヶ所でON/OFFすることができるスイッチのことです。 「片切りスイッチ」とは一ヶ所でON/OFFするスイッチです。 ↑ 3路スイッチはビスがひとつ多いです。 ↓ 玄関のスイッチ交換をしていきます。 20年近く使用したスイッチの裏側です。 上が片切りスイッチ、下が3路スイッチとなります。 ↓ アメリカンスイッチをそれぞれ取り付けていきます。 絶縁テープでしっかり保護も忘れずに! ↑ 廊下奥にも3路スイッチに取り替えてあります ↓ 壁穴を広げます。 広げてしまったら元には戻せませんので決心してから作業開始です! ↑ スイッチプレートより小さく穴を開けること! 失敗したら取り返しができません。 ↓ アメリカンスイッチの取り付け位置が大切です! スイッチプレートのビス穴とスイッチ側のビス穴を正確に合わせます。 ↓ OIL BURNERと書かれてますが気にしないっ! ^^; スチール製のREDのプレートにGREYのスイッチがオリジナル感あって良いです♪ ↓ 廊下の奥にも3路スイッチです。REDとGREYを組み合わせてます。 ↓ ここまでくると浴室も!となります。 スイッチの色はライトアーモンド! おもちゃみたいで楽しいスイッチになりました。 ライトアーモンドはスイッチに枠があるのでカワイイ印象ですね。 […]

Leave a comment

Original work cafe table.

リビングのカフェテーブル 2012年に作り上げた鉄足のテーブルです 天板は厚さ3cmの栗の木一枚板 鉄足は高さ90cmでSQUARE(大阪)で製作してもらいました テーブル下に本と冊子を乗せれたらと 長くて両端がコの字型のアイアンも製作してもらいました 寫眞の音でも当時に投稿してましたね https://rolleirollei.com/2012/12/02/handmade/ もう7年間同じ場所に存在し続けてます もともとカフェテーブルとして図案を書いたもので 人間工学に基づく高さより少し高くしました 90cmの高さがあるので、お気に入りを載せてもスピーカーを取り付けてもバランスが良いのかなと… 現在は心地よい音楽を奏でる場所となってます♪ お気に入りのBOSE1701を2台直列につなげて4スピーカーで鳴らします この1701のうちに1台は1984年頃に購入した宝物のアンプです 過去に3回故障しましたが、なんとか修理をしていくうちに「好みの音」が出せるんだ!と発見しました。 カフェテーブルに吊り下がるBOSE1701の音は「艶のある甘〜い音」を鳴らしてくれます♪ 音質の違う二台のアンプが素晴らしい臨場感と迫力のあるサウンドを聴かせてくれます 懐かしBlogを見つけましたので紹介します^^; SQUAREさんに写真提供した時の記事です この後添付した画像をご好意でポストカードになりました 今でもHPのブログバナーの画像として使用していただいてます (トップページの左下の方です) https://square-factory.com/blog/0643.html

Original strap.

Rolleiflexで撮られた写真を投稿してるので検索にヒットするのが多いのは「ローライフレックス」というキーワード。Rolleiflex2.8C Planar も調べている人が多いので興味があるカメラということでしょうか? Planarの2.8Cはなかなか見つからないし「レンズもキレイで」となると宝探しという難しさに間違いないです! Acruのオリジナルストラップの話し Rolleiflexを首からかけて撮影してる人が多いと思います。それで正解だと思います!上にフードを空けて… 上から覗いて… いつも通り何回みてもそこに写っている世界に感動して… 静かにシャッターを押し込むその一連動作に首からのストラップは全く邪魔にならないと思うんだけど… 撮らないで歩いてるときは重いっ!どーしても左手で持ち上げてしまうんですよね。そんな理由からAcruに作ってもらったオリジナルストラップがこれです。フードが空かなきゃ意味がないので長さは慎重に決めました^^; カニ爪とストラップを繋ぐ金具がボディーに当たってキズが付かないように同じ革素材で保護してもらってます。カッコいい仕上がりになりました。ROLLEIFLEX 2.8C と刻印を入れてもらったりオリジナル感がとても気にいってます。 愛着って大切♪ 皆さんもぜひっ! 過去のオリジナルストラップの話しはこちら https://rolleirollei.com/2014/12/16/rolleiflex-original-strap/ Acru website http://acru.jp/ ローライフレックス、ハッセルブラッド用のカメラストラップのカスタムオーダー http://acru-shop.net/html/page5.html

4 comments

Handmade

背の高いテーブルが欲しくて材料を揃えてみた 最初に見つけたのがアイアン製の鉄脚で高さ88cmのオーダー品である 天板の厚さが3cmあるので、高さ90cmのカフェテーブルとなる 天板は栗の木の無垢一枚板を選んだ いろいろと探してみると高価な物だがこの板はとてもリーズナブルものを見つけた 「形の無いものから作り上げていく楽しみとオリジナルという満足感」 人は何かを思いつき、それに向けて歩き出す そこに必ず人との出会いがある 今回も二人の職人と出会えたことが記憶にしっかりと残っている Rolleiflex 2.8F Planar ILFORD fp4 plus 125

1 comment