All posts filed under: handmadework

カッコイイkudu革のハンドバッグ

前回の投稿を長々と書いてましたが自分のイメージを超えた仕上がりでしたので新たに投稿! 2点目のkudu革ハンドバッグを製作開始 前回の投稿にも書きましたが「このkudu革の銀面はとても魅力的」な表情を見せてくれます。ハンドバッグにするのに「革のどこの部分をどうイメージするか」が出来上がりの満足度につながりますね。 二つと無いオリジナル作品ですから楽しい♪ ↓ このバッグのイメージを絵に書いてる時から「なだらかな曲線」がテーマでした。それを印象つけるのがサイドのフォルムですね。 ↓ なだらかな曲線にこだわることで随分と遠回りしましたが完成してみると嬉しい。プロの人なら簡単なことなのかもしれませんが「素人の独学」ですからこれで良しです。 ↓ リベットは鉄製を使用。アルミとは違う表情がお気に入りです。サビてきたらそれもイイ。 ↓ TALONのジッパーです! サイズは #8 なのでバッグに負けてない重厚感。ビンテージなジッパーなのでカッコイイ。開閉の感触も最高です。 ↓ 持ち手がどうかな? と思ってたのですが、握り心地良いです。製作中は革の厚さから迷いもありましたが太さのバランスも満足。 ↓ 底面の画像です。 傷がなんだかカッコイイ。 ↓ 焼印で少し焦がし気味にしてます。刻印が負けてないです。 ↓ 革の表情が前と後ろで違うのがこのカバンの特徴ですね。形もそうだけど世界でひとつしかないバッグですから完成できて嬉しい。 このハンドバッグの名前を付けました!この半年間、様々な型紙を作ってきましたが、やっとイメージを革製品にすることができました。 自分にとって大切な番号をネームします! 『 Handbag 303. kudu leather』 販売も考えてます!同じものが作れれば、、、ですけどね ;)

Leave a comment

2点目のkudu革ハンドバッグを製作開始

次回はブラックとか言ってましたがchocolate(チョコ)に変更です。このkudu革、ダメージっぽい銀面で価格もそんなにしません。 なんかカッコいいです!作り方忘れないうちに2点目を製作開始。 オリジナルの革製品を製作するのは楽しい♪ ↓ こないだ作ったグレーとは違いますね。オイルが多いような気がします。 ↓ 型紙で準備開始 ↓ このkudu革(chocolate)弾力があります。 弾力がすごくてキズもすぐ入ります。仕上げのひっくり返しはできるのか? 結果はまた後ほど、、、。 翌日、製作の続きを、、。 ↓ 持ち手を手縫いします。革が厚いのに芯に10mmロープを入れてます。手縫いも結構力が必要! 糸はEscola Nordeste’s(エスコーラ・ノルデスチ)さんが販売しているものです。ブラジルで作られているそうです。 とても使いやすく色も豊富! 質感も気に入ってます。お店のオーナーもとても親切。 メルカリやminneなどで購入できますよ。 Escola Nordeste’s GALLERYminneのお店 Girassol◡̈*プロフ確認下さい♫ メルカリのお店 ↓ 縫い終わったら端を切り落とします。フリーハンドで切るので毎回ドキドキ。 次回は明日か? ン〜。 そして翌日、、、。持ち手を完成させます。フリーハンドで切ったところのコバ処理をします。コバ磨きにすごく拘りのある職人さん多いですよね。僕はそんなにキレイじゃない方が好きなので「自分が満足したら終わり」です。 ↓ 上が磨いた状態で下が切ったまま。カバンを持ったときにザラザラしない! なんだか持ちやすい♪を目指して仕上げます。 スリッカーは平の面があるタイプが使いやすくてスキです。 ↓ TALONジッパー #8を取り付けました。スライダーヘッドがカッコイイ! 裏の刻印もイイ! 念願のTALON #8ですから丁寧に扱いました。ン? 少し左右の幅が ^^; ↓ いよいよ各パーツをつなげていきます。まずはジッパーとサイドをつなげてリベットを打ちます。明日からはいよいよカバンになっていきます。 2日後、、、 ↓ 革漉きが大事! 革が違えば厚さも変わります。 もう少し薄くしておけば良かったかもしれない。この辺がまだまだ未熟者。う〜。 ↓ […]

1 comment

kudu革のハンドバッグを製作

「kudu革を購入した」を最近に投稿しましたが出来上がりにとても満足しちゃったので自慢しようかと思います♪ 製作の最初のテーマが「丸いラインをイメージ」だったのでいくつものパターンを試作してこうなりました。 どことなく可愛い印象になりましたね!さすが世界のスエード! kudu革の表情は素敵です♪持ち手とかすごく気持ち良いです。 ↓ ダブルジッパーも快適! こんなに便利なのかっ!とただただ満足。 ↓ 外見はそんなに大きくないのに中は結構入ります。カバンの中のあの黒いポーチも世界のスエードです! 預金通帳入れを作ってみた ↓ サイドポケットを付けてみました。kudu革は厚みがあるので縫い付けた後にモタつくかと思ったけど大丈夫でしたね。鍵をカバンの中で毎回探す人は便利かも♪ 入れやすくて勝手に出ていかない作りです。いちばんのお気に入りは底の丸みがなんとも良い仕上がり♪ いつかは販売します!価格は高いですけどね。^^;

Leave a comment

革の小さめなカバンを作る

カバン作りを始めて2ヶ月ぐらい少しカタチになってきました! 最初は自分の持ち歩くものが入るサイズを基準に型紙を試行錯誤して作ってました。それが完成すると「もう少し小さくても、、、」となります。 型紙を縮小して少しだけ工夫を入れて完成!持ち手はあえて縮小しないでバランスを保ちました。 カワイイです♪ このカバンのデザインはOvationから型をとりました。Ovationとはギターのメーカーですね。Ovationギターの下の方の型です。 これは販売しちゃうかもしれません。:)

Leave a comment

カバンを作ってみた

小さめのバッグを作るためあれこれ考えてたら目の前のギターを見て思いついた。 このギターはOvation。ボディーの形で型紙を! 知識が無いまま作っていきます。 サイズは小ぶりでかわいい♪試作品なので床革ですがグレー色がなかなか良い感じ。ジッパーも8サイズの大きめ(太め)を選んで正解。開け閉めが気持ちイイ! ovation bag 001と刻印を入れてみる。^^; あとは持ち手を付けるだけ。 ある程度完成してから持ち手を付けるので取り付け位置が難しい!こんな取り付けだけどしっかり出来てます。刻印の場所がン〜、、、。 初めて作ったカバンにしては上出来!革を買って販売しようかな。肩掛けもあると良いかも♪

Leave a comment

預金通帳入れを作ってみた

あることがきっかけで通帳入れを作ることに!裁縫の経験もないのに試作品を作りながら型紙を作成です。 もちろんイラストレーターを使用。パスを書く練習にもなってスキルアップ♪ 数人からの依頼もあり納得のいくまで試作を繰り返します。 写真はスエードを使用した完成品です。なんと! 世界のスエードと呼ばれているkudu革のバックスキンです!持ち込まれたこのスエードは1M50cm前後で4万弱するとか、、、 型紙を合わせるのも押しや傷がないか慎重に選びます。 ジッパーの縫い付けが難しいです!ミシンでダ〜もありですが手縫いに拘りたいので試行錯誤。 通帳が4枚以上入ること出し入れがスムーズカードや領収書が入るスペースが欲しいそんな要望を形にしました。 もうひとつ拘りが!ジッパーはTALONです!アメリカ製のビンテージ品で集めるのに苦労しました。長さを合わせてカット後にバラして左右別々に縫い合わせてます。左右のズレは噛み合わせに影響するので丁寧な作業が必要です。 全てが丁寧なんですけどね ^^!そうそう! 保険証入れにもちょうど良いらしいです。 世界のスエード kudu革で作った預金通帳入れは販売終了してますイタリアン・ヌメ革で作ったのはSTORESで販売中です! rolleirollei -online shop-

2 comments

小物入れを作ってみた

SHINGERミシンを買いました。手で回すタイプでコレがなかなか面白いです!ハンドクランクバージョンのSHINGER 99Yというミシン シリアルナンバーから調べてみると63年ぐらい前?の製造みたいだけど動くんですね〜。SHINGERミシンについては次回にでも投稿したいと思います イメージはぷっくりした入れ物を作りたい小銭入れ? 小物入れ? 逆さにしたら落ちないの??がたくさん並びますが手のひらに乗ったら可愛いから良しです♪ 3種類を作ってみました型紙とか書かなくてイメージしたぷっくり感を想像しながらミシンで縫っていきます 使用した革はオークションで安く購入できましたが良品。 イタリア・ヌメ革/タンニン鞣し/牛革/ライトキャメル 厚さ1.4mmぐらいあるのでぷっくり感が楽しめます オリジナルロゴがなんとも可愛い♪もちろん自分で押しました! 制作意欲は続くのか、、、 rolleirollei -online shop- Mサイズ販売中(在庫1)

Leave a comment

刻印をオーダー

チャームとか作ろうかな、、、とオリジナルの刻印をオーダーしてみました オーダーしたのは26engrave(ニーロク エングレイブ)というネットショップです。 26engravehttps://26engrave.com/ とても親切!版下をイラストレーター保存して問い合わせより添付して送信!即返信が届いて「数回の修正」で版下が完成しました。イメージ通りの出来上がりで嬉しいです♪ >>HPからご紹介26engraveのこだわり >>26engraveでは真鍮製の刻印を切削で製作することを得意としております。エッジのするどさ、細かい図柄の再現性、他の加工方法では難しい刻印を微細加工で再現いたします。(サンプル画像でご確認ください)製作に携わる者は放電加工機、マシニング、NCフライス、ワイヤー加工機、研磨機と長年微細加工に携わったベテラン作業者が製作いたします。 今回のオーダーは横30mmと小さな刻印ですがハッキリ!クッキリ!刻印できます。 ↓ 製作期間は1週間完成した刻印がチャームとして入ってるところが嬉しいですね :)太いのは「打ち棒」ですね。ゴム製のハンマーで叩いて刻印します。ネジ山が付いた棒は焼印をする時に使用するものです。刻印の背面に取り付けて「はんだコテに差し込む」ことができます。 ↓ 26engraveさんHPの刻印の仕方の説明にあるように水分を含ませます。『オイル処理されていないヌメ革に少し水分を含ませたあと刻印できます』 使用している革は栃木ヌメ革のタンニン鞣しです(厚め)水分をよく吸うので刻印がキレイに仕上がります ↓ 裏側も水分を含ませてみる ^^; ↓ 打刻機を購入しました。最初は万力で押して(挟んで)みました「力が均等に伝わらない」「真下に力が伝わらない」ただ下手なだけ >.<“打刻機は全てを解消できました。あとは「押し込む力加減」を習得するだけです。 まずは刻印の位置を決めます ↓ 真ん中にセットします ↓ 右のレバーを手前におろしギュ〜っと。 ↓ rolleirolleiとは寫眞の音で愛用しているカメラ「Rolleiflex 2.8CとRolleiflex 2.8F」からつけたネーム。刻印のローライフレックスは手書きです。 26engraveさんは手書きでもなんでも「刻印にしたい」を相談できます。サイズもいろいろ選べますので興味のある方は連絡してみてください。 26engrave

1 comment