エンジンチェックランプ点灯/修理メモ01

1 comment
GOLF6 GTI

2021年12月31日にVW GOLF 6 GTI エンジンチェックランプ点灯した話の続きです!

前回の投稿はコチラから
https://rolleirollei.com/2022/01/26/sparkplugreplacement/

この投稿が2022年3月15日ですから修理完了(問題解決)まで3ヶ月半かかりました。

GOLF 6 GTIも販売から10年が経過しました。
ブログ検索でもVW GOLFの投稿は多くの人に読まれているようです。

必ずある!と書いても良いほど経験するエンジンチェックランプ点灯(点滅)ですから
修理メモとして「01」と「02」を投稿しておきます。

大晦日にエンジンチェックランプ点灯したのでディーラーには1月5日に恐る恐る運転しながらの持ち込みでした。

↓ コンピューター診断結果です
チェックランプの点灯は「故障箇所の断定はできない」そうです。
メカニックの経験と「コンピューター診断で表示された故障が疑われる数箇所」を探っていく作業だそうです。

↓ 説明によると「燃料が濃すぎる」みたいなエラー表示らしいです。
触媒コンバーター(排気ガス濃度)に何か異常が検知されたようで
排気ガス濃度に関する部品箇所が記載されているようです。

、、、で、メカニックの人がプリントアウトして持ってたものがコレです!

↑ 赤丸が部品名ですね。
工賃とか部品の金額とか、、、
怪しい箇所をひとつひとつ交換していく消去法で直すか、、、
全て消耗品と考え一度に全て交換するか、、、だそうです。
『どこが原因です』と言えないのがなんとも悩むところです。

全て交換して工賃足したら50万?

ただ、、、

GOLF6ではエンジンチェックランプ点灯(点滅じゃない)はよくある事らしいです。

ドイツ車であるGOLFは排気ガス基準値を日本仕様にするために
より細かな設定がされているそうです。

交換部品の全てが取り寄せということもあり、一度コンピュターエラーをフォルト(リセット)して様子を見ても大丈夫と提案されました。

その後、結果的に30日ぐらい走行してて大丈夫でした。
(また点灯するんですけどね >.<“)

その間、色々と調べてチャコールキャニスターは自分で交換できる!と判断してアマゾンで購入です。

ノンリターンバルブはGOLF6 GTIはメカニックさんしか交換できない?と発見しました。 後で画像から判断できますが「右側のホースが抜けない」構造のGTI専用部品です。
(GTI以外は自分で交換ができます)

↓ 右側がアマゾン購入のチャコールキャニスター(ホース付き)です
15000円ぐらいですから純正品44400円に比べたら3万円+工賃の節約です

アマゾン購入ページURL

↓ 交換手順です
とても簡単な作業ですからディラーの工賃は高い!

ボンネットを開けて右手前のコレです

↓キレイな空気を通すために活性炭が入ってるそうです。
その活性炭が「細かい粒」となって吹き出す現象がエンジン故障の原因のひとつらしいです。

まずは運転席側に伸びているホースの先端部分を抜きます
構造は上下を親指と人差し指でギュっと潰す感じで楕円形にすると上に抜けます

↓ 次にチャコールキャニスター側のホースを抜きます
右回りに少しだけ回すと簡単に抜けます

↓ 続いてもう一つのホース
クリップを工具(なんでも大丈夫です)でつまんで上に逃がして抜きます

↓ チャコールキャニスターを取り外します
運転席側を覗き込むと「爪」が見えますので指を引っ掛けて浮かせます。
指で浮かせたままチャコールキャニスターを引き上げると簡単に取り外せます

↓ 構造がわかってれば取り外しは簡単ですね

↓ チャコールキャニスター側のホースキャップの比較です
ほぼ同じだと思います

↓ 運転席側のホースキャップの比較です
これも同じ形状ですね。キャップの構造がわかる画像です。

↓ ホースキャップを取り付けます

↓ 運転席側も取り付けます

↓ GOLF6のチャコールキャニスターを調べてみると「活性炭が漏れ出して他のパーツの悪影響を及ぼす」ことがあるそうです。 取り外して中を覗いて(拡大)みると確かに細かな活性炭が見えます。細かな活性炭がノンリターンバルブの方に入り不具合が起きるらしいです。

↓ 今回はノンリターンバルブの交換ができませんがホースの中だけエアースプレーでキレイにします

↓ ノンリターンバルブはGTI以外はアマゾンで購入もできるみたいです
GOLF6 GTIは青い矢印のホースが抜けない専用部品になるそうです。

もし自分で交換するなら「左右のホースが抜けるか確認」してから購入しましょう。

ということでとりあえずチャコールキャニスターを交換しましたが、すでに細かい活性炭の粉がノンリターンバルブの中に侵入しているのかもしれません。さらにその先に、、、も考えられます。

結果から伝えますと

この3週間後にエンジンチェックランプ点灯!

過去の投稿につながっていきます

ゴルフ6 GTI エンジンチェックランプ点灯

修理メモ/その2に続く、、、


Posted by

Hello everyone! I am Japanese. Self-development and self-print using a film camera is a hobby. Use camera. Rolleiflex 2.8C Planar. Rolleiflex 2.8F Planar. Leica M6 TTL & Summicron 50mm / f2.0 2nd. Wordpress blog post is not all been Rolleiflex photography. Introduce my other sites! Flickr URL. [ https://www.flickr.com/photos/rolleirollei/ ] tumblr URL. [ http://rolleirollei.tumblr.com/ ] Let's enjoy your photography♪

One thought on “エンジンチェックランプ点灯/修理メモ01”

  1. Pingback: VW GOLF6 GTI エキゾーストランプ点灯修理詳細 | 寫眞の音 Rolleiflex Photography

Leave a comment.

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s