Author: rolleirollei

カッコイイkudu革のハンドバッグ

前回の投稿を長々と書いてましたが自分のイメージを超えた仕上がりでしたので新たに投稿! 2点目のkudu革ハンドバッグを製作開始 前回の投稿にも書きましたが「このkudu革の銀面はとても魅力的」な表情を見せてくれます。ハンドバッグにするのに「革のどこの部分をどうイメージするか」が出来上がりの満足度につながりますね。 二つと無いオリジナル作品ですから楽しい♪ ↓ このバッグのイメージを絵に書いてる時から「なだらかな曲線」がテーマでした。それを印象つけるのがサイドのフォルムですね。 ↓ なだらかな曲線にこだわることで随分と遠回りしましたが完成してみると嬉しい。プロの人なら簡単なことなのかもしれませんが「素人の独学」ですからこれで良しです。 ↓ リベットは鉄製を使用。アルミとは違う表情がお気に入りです。サビてきたらそれもイイ。 ↓ TALONのジッパーです! サイズは #8 なのでバッグに負けてない重厚感。ビンテージなジッパーなのでカッコイイ。開閉の感触も最高です。 ↓ 持ち手がどうかな? と思ってたのですが、握り心地良いです。製作中は革の厚さから迷いもありましたが太さのバランスも満足。 ↓ 底面の画像です。 傷がなんだかカッコイイ。 ↓ 焼印で少し焦がし気味にしてます。刻印が負けてないです。 ↓ 革の表情が前と後ろで違うのがこのカバンの特徴ですね。形もそうだけど世界でひとつしかないバッグですから完成できて嬉しい。 このハンドバッグの名前を付けました!この半年間、様々な型紙を作ってきましたが、やっとイメージを革製品にすることができました。 自分にとって大切な番号をネームします! 『 Handbag 303. kudu leather』 販売も考えてます!同じものが作れれば、、、ですけどね ;)

Leave a comment

2点目のkudu革ハンドバッグを製作開始

次回はブラックとか言ってましたがchocolate(チョコ)に変更です。このkudu革、ダメージっぽい銀面で価格もそんなにしません。 なんかカッコいいです!作り方忘れないうちに2点目を製作開始。 オリジナルの革製品を製作するのは楽しい♪ ↓ こないだ作ったグレーとは違いますね。オイルが多いような気がします。 ↓ 型紙で準備開始 ↓ このkudu革(chocolate)弾力があります。 弾力がすごくてキズもすぐ入ります。仕上げのひっくり返しはできるのか? 結果はまた後ほど、、、。 翌日、製作の続きを、、。 ↓ 持ち手を手縫いします。革が厚いのに芯に10mmロープを入れてます。手縫いも結構力が必要! 糸はEscola Nordeste’s(エスコーラ・ノルデスチ)さんが販売しているものです。ブラジルで作られているそうです。 とても使いやすく色も豊富! 質感も気に入ってます。お店のオーナーもとても親切。 メルカリやminneなどで購入できますよ。 Escola Nordeste’s GALLERYminneのお店 Girassol◡̈*プロフ確認下さい♫ メルカリのお店 ↓ 縫い終わったら端を切り落とします。フリーハンドで切るので毎回ドキドキ。 次回は明日か? ン〜。 そして翌日、、、。持ち手を完成させます。フリーハンドで切ったところのコバ処理をします。コバ磨きにすごく拘りのある職人さん多いですよね。僕はそんなにキレイじゃない方が好きなので「自分が満足したら終わり」です。 ↓ 上が磨いた状態で下が切ったまま。カバンを持ったときにザラザラしない! なんだか持ちやすい♪を目指して仕上げます。 スリッカーは平の面があるタイプが使いやすくてスキです。 ↓ TALONジッパー #8を取り付けました。スライダーヘッドがカッコイイ! 裏の刻印もイイ! 念願のTALON #8ですから丁寧に扱いました。ン? 少し左右の幅が ^^; ↓ いよいよ各パーツをつなげていきます。まずはジッパーとサイドをつなげてリベットを打ちます。明日からはいよいよカバンになっていきます。 2日後、、、 ↓ 革漉きが大事! 革が違えば厚さも変わります。 もう少し薄くしておけば良かったかもしれない。この辺がまだまだ未熟者。う〜。 ↓ […]

1 comment

kudu革のハンドバッグを製作

「kudu革を購入した」を最近に投稿しましたが出来上がりにとても満足しちゃったので自慢しようかと思います♪ 製作の最初のテーマが「丸いラインをイメージ」だったのでいくつものパターンを試作してこうなりました。 どことなく可愛い印象になりましたね!さすが世界のスエード! kudu革の表情は素敵です♪持ち手とかすごく気持ち良いです。 ↓ ダブルジッパーも快適! こんなに便利なのかっ!とただただ満足。 ↓ 外見はそんなに大きくないのに中は結構入ります。カバンの中のあの黒いポーチも世界のスエードです! 預金通帳入れを作ってみた ↓ サイドポケットを付けてみました。kudu革は厚みがあるので縫い付けた後にモタつくかと思ったけど大丈夫でしたね。鍵をカバンの中で毎回探す人は便利かも♪ 入れやすくて勝手に出ていかない作りです。いちばんのお気に入りは底の丸みがなんとも良い仕上がり♪ いつかは販売します!価格は高いですけどね。^^;

Leave a comment

MERRELL PATHWAY MID LACE [ OLIVE ]

『2011年に登場した「パスウェイ」シリーズは、丸みを帯びた印象的なフォルムと履き心地で、長年ファンに愛され続けているロングセラーコレクション。スマートに魅せるミッドカットタイプで、大胆なワイドステッチ、センターシームなど、各所に落とし込まれたディテールがアウトドアスタイリングを演出する。アッパーには撥水加工を施した傷に強いピッグスエードレザーを採用。また足のアーチをサポートする「ナイロンアーチシャンク」や足の骨格に基づいた形状と軽量かつクッション性のあるEVAアナトミカルフットベッドとEVAミッドソール、そしてメレル独自開発のクッションを搭載し、歩行時のかかとへの衝撃を吸収する。』、、、だそうです。 MIDは復刻版だと聞いてます。購入しないと次回はないかも。とても軽くてクッション性も良く履き心地も楽でイイ!オリーブカラーも薄めで品がありますよ!何って可愛い♪

Leave a comment

Blundstone THERMAL ELASTIC BOOT #1477 [ Antique Brown ]

XRDインソール搭載、さらに防寒仕様の100%ウールインソールを搭載したコンフォートタイプの最上位モデル。アンティークブラウンのスムースレザーを使用。アッパー:スムースレザー/アウトソール:TPU/原産国:ベトナム 寒くない土地に住んでるのに寒冷地仕様のブーツを買ってしまった。おまけに最初からサーマルモデルのボアタイプのシープスキン採用の足を保温するソールが標準装備! このソールだけで6380円します ^^; 暑いのでオリジナルのコンフォートインソールを買うという無駄使い、、、。 ↓ このブーツの革は毛足が短いヌバックになっていてお手入れも大変!でも、Antique Brownってオシャレ♪

Leave a comment

Blundstone #1605 LOW-CUT

日本限定「ローカットモデル」ブランドストーンの機能性はそのままに季節を問わず履けるスリッポン感覚の新しいデザイン。アッパー:スウェード/ アウトソール:TPU/原産国:ベトナム とてもスエード(革)が美しいです!有名なオーストラリアのブーツメーカーですが日本限定品として発売している#1605 何を着ていても合わせやすい靴で履き心地も良いです!雨の日も大丈夫ですが、ん〜もったいなくて履けない。 フォルムが可愛いです♪ 室内で履くとソールがキュッ!キュッ!鳴くのが難点です ^^;

Leave a comment

Onitsuka Tiger TIGER ALLIANCE [INK BLUE / YELLOW]

Onitsuka Tiger TIGER ALLIANCE [ INK BLUE / YELLOW ]定価\14300 ▶カラー・INK BLUE × INK BLUE・YELLOW × LIGHT GRAY インクブルーのタイガーアリーとイエローのタイガーアリー。現在は販売終了したレアカラー2足です。 『1980年代のジョギングシューズ、ALLIANCE (アライアンス) をデザインベースとしたシューズ。ヒールカウンターによるかかと部の安定性と、fuzeGELによるクッション性が特徴。履き心地とスタイルが調和した1足です』、、、らしいです。 オニツカタイガーは最近流行ってます!僕は1980年代から履いてますから良さは存分に知ってますが今年になって注目されてるのをよく見かけます。 ↓ 画像のこの二足履き心地は最高です! 履いてて痛いなんてことはまず無いです!靴に悩んでる人はぜひ履いてみて!と教えてあげたい。廃盤品なんですけどね ^^; 現行品があるんですね!見つけました。このカラーはないですがSFGR(ソフトグレー?)は購入できるようです。 [オニツカタイガー] スニーカー TIGER ALLY(現行モデル) メルカリとかでINK BLUEは見かけます。新しめなキレイなのも出品されているようです。サイズが合えばですけどね。YELLOWは無いです! ほんとレアなんでしょうね。僕は迷わずYELLOWを新品で買いましたが、、、購入したのは数年前ですが相当珍しい人だったのかな? ;)

Leave a comment

Columbia 919 Lo Omni-Tech

2018年頃に購入した919 Lo Omni-Tech発売5周年だったような記憶があります。 アウトドアブランドですから防水・透湿性の高さは抜群!タウンユースでも履けるデザイン性を高次元で両立したシューズです。 独自開発のオムニテックという素材は防水性能がしっかりしているので少々の雨なら全く気になりません。 足を包み込む感覚と履き心地の良さは独特な印象です。ソールにも適度に柔らかさがありますが、私はもう一枚ソールを入れて二枚ソールで履いてます。履き潰した靴のソールですが、二枚入れることで私はとても快適な履き心地です。 冬用のブーツのような感じですが蒸れにくいので夏に履いても大丈夫! 毎年のように発売されてる印象がありますが、発売する年によって素材や細かな点が違うように感じます。ショップで履いた第一印象が大事ですね。 2017年あたりの919 Lo Omni-Techは素材や生地も作りも気に入ってます。特にBLACK(黒)は他のOmni-Tech素材と違う生地が使用されているので落ち着いたイメージで大切にしてます♪

Leave a comment