Author: rolleirollei

BOSE 1705II / ICとコンデンサの配置画像

過去の投稿の続きです BOSE 1705II / IC交換手順 このBOSE1705II [ SERIAL NO.3100133 ] は販売目的でメンテナンスをしたパワーアンプですが、あまりにも艶やかな音が聴こえてくるので自分の宝物にしました♪ (メルカリで1701とセットで出品してました。3日間売れなかったので取り消しました。購入考えてた方はすご〜く残念だったと思いますよ!スゴイ音鳴らしますから!) 過去の投稿でも書きましたが「1705IIは高音域よりな音」だと思います オークションなどの商品詳細には褒め言葉がたくさん書かれていますが「BOSE101スピーカー」を使用した時の感想は「もう少し中低音域が欲しい」と感じます(購入時のまま状態) 今回のメンテナンスは故障品ではない状態ですが「音がどこまで変化するのかな?」と興味があり作業した結果です。参考にされる方がいましたらチャレンジして見てください♪   注意事項! SPKR. SELECTORスイッチの変化がなくなります 101SERIESとOTHERSの音出力変化がほとんどない状態になってしまいました もともとBOSE101スピーカーを選択(イコライジング)しても低音が物足りなかったので「他社製スピーカーを使用する」時のセレクタースイッチをどちらにするかは問題ないと思います 電解コンデンサの交換をされる方は「自己責任」でお願いします m(__)m   1705IIの分解手順は過去の投稿をご覧ください https://rolleirollei.com/2019/03/21/bose1705twoicexchange/ 純正品の状態です まあまあキレイな方です 音源が入るRCAジャック付近の基盤です やはりホコリはありますね 全ての基盤を取り外します 故障原因の多いIS部品を新品に交換します パワーアンプIC TDA7294 ヤフオクで1100円で購入できます IC交換後です(コンデンサも交換済みの画像) RCAジャック付近の基盤です 交換済みの部品は「赤いマーキング」が付いてます 音源に最重要だと思われる104Kフィルムコンデンサ×2の交換は必須です! 基盤中央はルビコン 50V3.3uF ×2 スピーカーセレクタースイッチ下はニチコンFG 25V33uF ×2 […]

Leave a comment

プラスチックの黄ばみを取る方法

真っ白いスピーカー BOSE101MMW を購入したのですが黄ばんでいました プラスチックには2種類の黄ばみの原因があるらしいです ひとつは外的汚れのタバコや油汚れです もうひとつはプラスチックの劣化だそうです このプラスチックの劣化による黄ばみは洗剤とブラシを使ってどんなに頑張っても消えません この黄ばみを科学的に分析されている方々がいます どうやらプラスチック物質のブシエタンというものが劣化していく過程で、ある条件が重なると黄ばみに変色するそうです(暗い場所に保管されていると新品でも黄ばむそうです) インターネットで調べてみると「プラスチックの黄ばみを落とす方法」は見つかります という訳で、この黄ばみを落とす作業に入ります まずは洗剤と歯ブラシで汚れを落とします ワイドハイターEXパワーをつけてサランラップを巻き乾燥を防ぎます 保護しなければいけない部分はマスキングテープ (写真撮り忘れて真っ白になった後の画像です ^^;) 外の紫外線にあてます ←曇りでも大丈夫です! 何度洗っても落ちなかった黄ばみがこの手順で曇り空の紫外線に1時間弱で真っ白になりました! これは驚きです! 科学ってスゴイ! 真っ白になったらサランラップを剥がして洗剤でもう一度洗って乾燥します 気になっていた黄ばみを落とせる方法を知りましたのでメモしておきます♪

Leave a comment

Original work cafe table.

リビングのカフェテーブル 2012年に作り上げた鉄足のテーブルです 天板は厚さ3cmの栗の木一枚板 鉄足は高さ90cmでSQUARE(大阪)で製作してもらいました テーブル下に本と冊子を乗せれたらと 長くて両端がコの字型のアイアンも製作してもらいました 寫眞の音でも当時に投稿してましたね https://rolleirollei.com/2012/12/02/handmade/ もう7年間同じ場所に存在し続けてます もともとカフェテーブルとして図案を書いたもので 人間工学に基づく高さより少し高くしました 90cmの高さがあるので、お気に入りを載せてもスピーカーを取り付けてもバランスが良いのかなと… 現在は心地よい音楽を奏でる場所となってます♪ お気に入りのBOSE1701を2台並列につなげて4スピーカーで鳴らします この1701のうちに1台は1984年頃に購入した宝物のアンプです 過去に3回故障しましたが、なんとか修理をしていくうちに「好みの音」が出せるんだ!と発見しました。 カフェテーブルに吊り下がるBOSE1701の音は「艶のある甘〜い音」を鳴らしてくれます♪ 音質の違う二台のアンプが素晴らしい臨場感と迫力のあるサウンドを聴かせてくれます 懐かしBlogを見つけましたので紹介します^^; SQUAREさんに写真提供した時の記事です この後添付した画像をご好意でポストカードになりました 今でもHPのブログバナーの画像として使用していただいてます (トップページの左下の方です) https://square-factory.com/blog/0643.html

BOSE 1701/1705 メンテナンスは必要です!

BOSE1701は1983年頃に発売開始です BOSE1705は1993年頃に発売開始です 私は1701を30年以上使用しています 職場のBGMを聴くための大切なアンプです 就職した当時の初任給でBOSE1701とBOSE101スピーカーのセットを購入しました その1701を今でも大切に使用しています 不具合や故障が2回ありましたが無事修理できホーバーホールを済ませました 今でも素晴らしい音を聴くことができます 購入した1980年代はまだカセットテープでした ウォークマンを1701につなげて聴いてた思い出があります ミニコンポが登場する時代まではCDプレーヤーを1701につなげてR&BとかROCKで気分転換してた記憶が懐かしいです 自分の店を持つようになってからは一日中BGMとして曲を流しています 一日8時間以上を週6日、ず〜っと可動しているこのアンプは凄いです! そんな理由からBOSE1701やBOSE1705に詳しくなりました 今では修理や点検、電解コンデンサの新品交換などをして好みの音づくりが趣味になりました ここは写真のブログですが、こんなことも掲載してます ^^; 最近ではこのアンプに興味がある方も多いようです iPhoneやiPodから音楽を再生機として楽しみたい方も多くいます ヘッドフォン時代が長く続いてますが「スピーカーから聴こえてくるお気に入りの曲」は満足感が違います♪ オークションやメルカリなどでたくさん見かける1701や1705ですが「大丈夫かな?」と思うことがあります。 メンテナンスや修理ができる人が落札購入しているのがほとんどだと思いますが 音楽を聴く為に購入している人もいらっしゃいます 私も修理点検・部品交換を済ませた1701や1705を数台販売しています 「音が出ました」とか「電源は入ります」などの商品説明だけで購入するのはどうかな?と思ってしまいます 購入直後はこのような状態ですよ!という意味で投稿しておきます この画像は「とてもひどい例」なのであくまで参考にしていただきたいのですが ほとんどの内部は「油のこびりつき」「ホコリ」「潤滑剤の吹入」などあります 検索などでこちらにたどり着いた方々へお伝えできればと良いのですが、、、

Leave a comment

BOSE 1705II / IC交換手順

2001年頃から発売されているBOSE1705II ステージモニターアンプです 最近(2019年)人気みたいです 左右独立ボリュームが良いのか? 高音域を好む方が増えているのか? 色々調べるとJAZZ好きな方が多いような気もします 1983年頃から発売されたBOSE1701を今まで使い続けていますが過去数回故障しています。 週6日8時間を何年も使い続けているので当たり前です。その都度修理を試みては苦戦してきましたが、アンプの使用時間が多いならそれなりに部品のリフレッシュが必要みたいです。 1701や1705から出力される音がとてもスキなのですが、今回は1705IIのIC交換手順を記載します   これが所有しているBOSE1705IIです 故障原因の多いIC部品 / TDA7294です 「左右どちらかの音が出ない」とかはこの部品交換で治ります 最初に上蓋の2本のビスを外したら下蓋の5本のビスを外します その状態で下蓋を左から持ち上げると開けられます 1701や1705とは違いとてもシンプルになりました カプラを4箇所外すだけで基盤が分離するのは素晴らしいです 赤い矢印の部品がICです カプラを外していきます マイナスの精密ドライバーで優しく持ち上げると奥のふたつは簡単に外れます ボリュームスライダーの左右2個はカプラ自体が持ち上がらないように基盤ごと支えます (ハンダ付けが剥がれてしまったら修復不可能になりますので慎重に!) カプラの真ん中に差し込まれている凸の部分をマイナス精密ドライバーで押し上げます 以外に簡単に持ち上がります(爪ではないようなので力は入りません) 電解コンデンサの種類です (これ載せると修理できちゃう人が増えそうですね ^^;) 35V4700uFのコンデンサは高さ制限があります←これ大事です 1701や1705の基盤は横向きに配置されていたので高さは自由でした 1705IIは30mm~35mm以内です! 40mmあると厳しいです! …このへんのコンデンサを交換しないと部品リフレッシュにはなりません! 交換コンデンサによっては好みの音に変わったりします♪ このIC部品は新品交換後の画像です 基盤を外していきます 続いて2本のビス 耐熱用のパテが塗られていますので、ゆっくり左右に動かしながら持ち上げます 基盤を取り外すにはICのビスを2本の外します (最初に外しても大丈夫です) これで外れました 基盤の裏です 赤い枠の中がICを取り付けているハンダです 矢印の部分を「吸い取りすぎないように」しましょう (新しいIC取り付けにはこの写真を参考にハンダをのせていきましょう) […]

1 comment

フォルクスワーゲン ゴルフ6 ハッチバックガラス サンブラインド

VW ゴルフ6 ハッチバックガラス サンブラインド Groovy製 VWディーラーでは販売終了のため購入が出来なくなってしまったので海外を探しました eBayで購入できそうです 購入方法は2通りあります ★ eBayのIDを取得して購入 ★ セカイモンに登録してeBayから購入 (eBay出品者の参加国に制限があるので、全ての出品者(国)から購入できるわけではありません) セカイモン(http://www.sekaimon.com/)サイトから Volkswagen Golf Rear Window Sun Shadeと検索 http://www.sekaimon.com/s/Volkswagen%20Golf%20Rear%20Window%20Sun%20Shade/-/all/?searchLocationType=all&page=2&sort=4 検索結果からVWゴルフ 2009−2013年式のRear Window サンシェード(サンブラインド)が見つかります 販売価格は変動しているようですが純正品より安い価格です 問題は国際送料 国際送料にはサイズと重さに基準があるそうで160cm以上260cm未満はサイズ超過便となります(重さは80キロ未満) サンブラインド(サンシェード)の購入手続きを進めていくとセカイモン担当者から国際送料の件で問い合わせが届きました VW純正品のようにコンパクトに収納されていない状態で梱包されているためサイズ超過便となるらしい 国際送料    : 11,353円 燃料サーチャージ: 1,367円 消費税     : 0円 関税      : 0円 国際送料合計  : 12,720円 (サンブラインドの価格は入ってません) サンブラインドより高額な国際送料とは驚きました (><)” セカイモンでのeBay購入手順は安心だと思いますので興味のある方はこちらへ↓ http://www.sekaimon.com/html/welcome/ というわけでeBayから直接購入にします(セカイモンはキャンセル) Groovy Back Rear Windscreen Sunshades で検索 […]

フォルクスワーゲン ゴルフ6 リアサイド サンブラインド

VW ゴルフ6 純正品サンブラインド 2018年夏、VWディーラーの在庫は3個 (リア ハッチバックガラス用の在庫は無しです) 純正品は3D設計されていて窓縁にピッタリです (社外品も3D設計ですから素晴らしい商品です) 車内の日差しは程よくカットされ窓も開けられますから良好です   Volkswagenのロゴが純正品の証です↓ ゴルフ6用のサンブラインドはクリップで取り付けます↓ 全くグラつかないので「さすが純正品!」と思いました↓ Link フォルクスワーゲン ゴルフ6 ハッチバックガラス サンブラインド フォルクスワーゲン ゴルフ6 フロントガラス サンブラインド

フォルクスワーゲン ゴルフ6 フロントガラス サンブラインド

2018年現在 ゴルフ6 フロントガラス サンブラインドは見つかりません オークションなどからゴルフ7用を購入してゴルフ6とサイズ検証してみました さすがにリアサイドとハッチバックガラスはサイズが合いませんがフロントガラスはサイズ一緒でした。 真夏の運転席は暑いです! これは見つけてよかった! (ゴルフ6の方はフロント以外をオークションに出品すれば損はしないと思いますよ♪) ゴルフ7用純正品にフロントのサンブラインド販売があるのか知りませんが Dazz Fellowsの商品は良品だと思います。全てのガラス用サンブラインド(サンシェード)が揃って購入できます。純正品と比べても素材の違いがわかりません!純正品より価格も安いです! Dazz Fellows One Touch Sunshade for VOLKSWAGEN GOLF ワンタッチサンシェード for VOLKSWAGEN GOLF フロントハーフタイプ 対応車種:フォルクスワーゲン ゴルフ、ゴルフGTI、ゴルフGTE 型式:AUCJZ、AUCPT AUCJX、AUCHH AUCUK 年式:平成25年6月~ セット内容:フロントウインドウ2枚(運転席側・助手席側)|リアサイド2枚|リアウインドウ1枚|付属品(磁石14個、クリップ4個、差込式クリップ1個) 初期不良(やぶれ等)以外の返品交換不可 12960円 購入ページ https://www.dazzfellows.com/shopdetail/000000000052/ 後ろ側は純正品のゴルフ6サンブラインド↓ 手前はDazz Fellowsのゴルフ7サンブラインド↓ ハッチバックガラスのセンター↓ ハッチバックガラス下側の形状は少し違うようです↓ ハッチバックガラス両サイドはゴルフ6より狭いです↓ フロントガラスはゴルフ6とゴルフ7は兼用できます! Link フォルクスワーゲン ゴルフ6 リアサイド サンブラインド フォルクスワーゲン ゴルフ6 ハッチバックガラス サンブラインド