AXIS イグニッションキー イルミネーションリング取付 ゴルフ6 GTI

2012年式GTIなので参考にする人はいませんね^^; 整備手帳みたいな記録として投稿です カメラもドイツ!車もドイツ!やはり製りが違います♪ このイグニッションキーランプはルームランプから配線することでドアオープンのときだけイルミネーショリングが点灯します。もちろん滑らかに消灯する残照機能も連動します 準備品/工具 ゴルフ6用 イグニッションキー イルミネーションリング AXIS販売品 ヘックスローブネジ回し T-20. T-25. フラットタイプのヘラ(先が薄いのが良い) 精密ドライバー(マイナス)2本 配線引き込みワイヤー ポロンスポンジテープ マスキングテープ

Leave a comment

EPSON スキャナ GT-X970 ガラス交換と交換部品取り付け方法 その1

ブローニーフィルムをスキャンするためにスキャナを使用しています。今まではEPSON GT-X750を好んで使っていました(ヤフオクで1000円だったかな ^^; )気持ち良く使うためにガラス面の取外しと裏面清掃や上蓋カバーの交換をしてきました。エプソン部品販売は個人でも部品供給してもらえます。部品代金も割安だと思うのですがいかがでしょう? 高い安いというのは個人差があると思いますが、ひとつ650円から1300円ぐらいが目安となるようです。 GT-X980が発売されていますので新品購入も考えましたが高価格です! それとフィルムホルダーが改良されたことなど賛否両論があるようですね。フィルムのたるみによるスキャンのピントズレやニュートンリングの対処方法は現像後にフィルムを反らさないという事で解消できます。それ以外にも繊細な原因でピント追求されることもあるようです。写真という世界は様々な表現があって良いですし、そんなにピントに拘らなくてもと思ってしまいます。私自身はRolleiflexを愛用していますので70年代ぐらいから80年代に撮られたような雰囲気の写真が好きです。懐かしく感じる写りこそ私の写真撮影イメージなのかもしれません。スキャナの話しに戻りますがGT-X980を5万円以上払って購入するよりも、正常に可動するGT-X970を7千円ぐらいで購入してエプソンで点検と清掃をしてもらう。さらに求めるなら新品の部品を取り付けて満足できるなら良いですよね。先ほども書きましたが「エプソンの部品供給は良心的」ですしGT-X970の「ガラス面清掃やガラス面部品交換は簡単」です。   EPSON GT-X970 部品取り外し方やガラス面の清掃と新しい部品の取り付け詳細を3回に分けて掲載します  

Leave a comment

EPSON スキャナ GT-X970 ガラス交換と交換部品取り付け方法 その2(ガラスと前面パネルをリニューアル編)

最初にスキャナ裏にある上下を継なぐ黒いコードを抜きます その後上蓋を上に引き抜きます。エプソンスキャナの構造はシンプルですね♪ 天板を止めているビスは4箇所。厄介なのはビスを目隠ししてあることです! 取り方は調べればいくつか分かりますが、結論から言うと目隠しキャップが隙間なくしっかり入っている場合は鋭く尖った薄く硬い物を上側に刺し(1mm入れば十分です)ゆっくりと前方へ倒しましょう 目隠しキャップはご覧の通り切抜き箇所がありますので尖った先が裏側に引っかかり持ち上がります。

Leave a comment

EPSON スキャナ GT-X970 ガラス交換と交換部品取り付け方法 その3(ガラスと上蓋パネルをリニューアル編)

上蓋ガラス面の清掃やガラス面交換時は最初に本体に差し込む二本の金具を直角にしておきます (蓋が閉まっているときの状態ですね) 上蓋のガラス面はビスだけで取り付いてるので外し方は簡単です (清掃は曇りがあるならレンズクリーナーを使いましょう。ホコリだけならエアースプレーですね)

2 comments